色の日は休業日です。
基本休業日:土日祝祭日
営業時間:10:00〜18:00
ホーム > 内祝いガイド > 出産内祝い > 出産内祝いのマナー

出産内祝いのマナー


出産内祝いの相場は?

出産内祝いの相場は大体いただいた金額の3分の1〜2分の1くらいとなっています。
しかし品物でいただいた場合や、大勢の方からまとめていただいた場合など金額がわからない場合もあります。
お祝いの御礼の気持ちをお伝えするということを第一に、無理のない予算の範囲でお返しをすれば大丈夫です。

出産内祝いはどんな人に贈るのですか?

出産内祝いは、出産お祝いをいただいた方に贈るのはもちろん、お祝いをいただいていなくても、お子様のお披露目・お祝いの気持ちを分かち合うという意味で、出産時にお世話になったご両親やご兄弟、ご親戚、お友達などに贈ります。

出産内祝いにはどんなものを選べばよい?

贈るものはもちろん相手の方に喜んでいただけるものが一番ですが、 相手の方の好みや、ライフスタイルがわからない場合などは普段使いに使っていただけるタオル・洗剤・食器のような日用品や、日持ちのする食品・飲料などが人気です。
小さなお子様がいるご家庭の場合などは、キッズ用品なども喜ばれます。

送った相手の方に負担にならないような金額を心がけ、気持ちのこもったメッセージなどを添えてお返しすると良いでしょう。

出産内祝いで贈ってはいけないものはありますか?

出産内祝いで贈ってはいけないものなどは特にありませんが 相手にいただいたものよりも高額なものや、 いただいた方が負担に思ってしまうような豪華なものは避けた方がよいでしょう。

出産内祝いはいつ頃に贈ればよい?

出産内祝いの場合は、生後1ヶ月頃(お宮参りの頃)にお贈りするのが良いでしょう。
しかし、お母さんの体調などによっては、無理をせず少し落ち着いた頃(出産から2ヵ月後くらいまでを目安)に 「遅くなって申し訳ございません」の一言を添えてお贈りしてももちろん大丈夫です。

出産内祝いの熨斗(のし)の書き方は?

出産内祝いの場合は、何度も繰り返したいお祝いの時に使う「花結び」の熨斗(のし)に お披露目の意味も込めて、お子様の名前を入れるのが一般的です。
お子様のお名前が読みづらい場合には、お名前の横に振り仮名を振りましょう。
熨斗の献辞(結び目の上に入れる文字)は「内祝」「出産内祝」となります。

Otoyaでは、熨斗のデザイン・献辞・お名前入れ全て無料で承っております。
熨斗のご指定方法について詳しくはコチラをご覧下さい。

出産内祝い 熨斗(のし)サンプル

命名札はつけるべき?

出産内祝いの際熨斗(のし)をつける場合は、熨斗にお子様のお名前を入れますので 命名札はなくても大丈夫です。
ご親戚の方など、命名札をとっておかれるような方にお贈りする際は 命名札・熨斗の両方をお付けしても良いでしょう。
その際命名札をお付けした上に熨斗紙をおかけしております。

熨斗をつけないでシンプルに贈りたい場合は、命名札のみをつけて贈るのもお勧めです。

Otoyaでは、命名札もお名前入れも全て無料で承っております。
命名札について詳しくはコチラをご覧下さい。

出産内祝い 命名札サンプル

出産内祝いのラッピングは?

出産内祝いの際は包装紙のデザインなど、使ってはいけないお色などはありませんが、 白×黒や白×銀など弔事の際に用いられる包装紙は避けましょう。

また出産内祝いを贈る際には熨斗(のし)や命名札つけることが多いので、リボンがないラッピングが通常です。
熨斗はリボンの代わりですので、熨斗をかけた場合はリボンを取り外すのがマナーです。
包装紙の内側に熨斗をかける場合(内のし)も同様にリボンはつけません。

Otoyaでは、ラッピングのご指定も全て無料で承っております。
ラッピングについて詳しくはコチラをご覧下さい。