色の日は休業日です。
基本休業日:土日祝祭日
営業時間:10:00〜18:00

熨斗(のし)無料オプション

■ 熨斗紙のデザイン(慶事)


■ 熨斗紙のデザイン(弔事)



<ご注意>

  • デザインをお選びの上、番号でご指定ください。
  • 3番〜8番は縦195mm×横263mmサイズ1種類のみとなります。
    商品によってはお付けできない場合もございますのでご了承ください。
  • 商品のサイズに合わない熨斗を選択いただいた場合は、献辞より判断して、こちらでサイズの合う熨斗に代替させていただきます。
  • ご結婚祝い、ご結婚内祝いの場合は結切(2番か8番)をご指定くださいませ。
  • ご出産祝い、ご出産内祝いで結切(2番か8番)をご指定いただいた場合は、1番か7番に変更させていただきます。

■ 献辞・表書きのサンプル

御祝ご結婚/ご出産/初節句/ご入学・ご入園などお祝い事一般に 御年賀年始のご挨拶に
寿ご結婚/結婚記念日/還暦/古希/長寿などのお祝い事に 御中元お中元に
内祝ご結婚内祝い/ご出産内祝い/ご入学内祝い/新築祝いのお返しなどのお返し・内祝いに 御歳暮お歳暮に
御見舞お見舞いに 記念品販売促進用品/イベントの景品/参加賞などに
快気祝お見舞いのお返しに 粗品引越しのご挨拶/販売促進用品/イベントの景品/参加賞などに

忌明け/初盆・新盆/年忌法要(宗教問わず。最も一般的) 忌明志忌明け(仏式)
満中陰志忌明け(おもに関西地方) 茶の子忌明け(おもに中国・四国・九州地方)
初盆初盆・新盆 初盆志初盆・新盆
偲び草忌明け/年忌法要(キリスト教・神道) 召天記念忌明け/年忌法要(キリスト教)
粗供養年忌法要(仏式。おもに関西地方) 〇回忌年忌法要

■ 命名札

命名札

ご出産の内祝いに、命名札も無料でご用意しております。
ご指定の際は、商品サイズをご確認下さい。
  • 備考欄に「命名札:太郎(たろう)」のような形にてお子様のお名前をご記入ください。
  • サイズは横5.5cm×縦15.5cmの1種類です。
  • 商品の表に貼り付けてお届けさせていただきます。
  • 商品によってはお付けできないサイズもございますのでご了承下さい。
  • サイズが小さいため、お名前とふりがな以外の文字はお入れできません。

■ 熨斗のご指定方法

記入方法1
記入方法2
<ご注意>
  • 熨斗がつけられない形状や大きさの商品もございます。何卒ご了承下さい。
  • あらかじめラッピングが決まっている商品の場合、リボンなどを取り外してから熨斗を付けさせていただきます。
  • 商品のサイズに合わない熨斗を選択いただいた場合は、献辞より判断して、こちらでサイズの合う熨斗に代替させていただきます。
  • 熨斗・命名札のご指定をいただきながら、献辞やお名前のご記入がない場合には、白紙の熨斗や命名札をお付けする形となります。
  • 逆に備考欄にご記入いただきながら【熨斗不要】のご指定をいただいている場合は、備考欄のご記入内容に従いお熨斗をご用意させていただきます
  • 熨斗の柄のご指定がない場合、ご出産内祝いには1番(花結び)、ご結婚内祝いには2番(結び切り)、不明の場合は3番(レッドライン)のお熨斗でご用意させていただきます。
  • 熨斗は基本的にすべて包装紙の外側にお掛けいたします。内熨斗をご希望の際は備考欄にその旨ご記入下さいませ。
    (一般的に、包装紙に直接伝票を貼り付けてお送りする場合に内熨斗に致しますが、当店ではそのような配送の仕方は致しません。包装紙の外側に熨斗をお掛けし、その上に緩衝材を巻き、それを宅配袋やダンボール箱にお入れしてのお届けになります。)

■ 熨斗のマナー

熨斗はリボンの代わりです

熨斗はギフトにおけるリボンのような役割です。
リボンの上に熨斗をかけてしまうと、リボンが2重になってしまいます。
ギフトを贈る時、熨斗をかけるときはリボンをせずに贈りましょう。
内のし(商品にのしをかけた上から包装紙をする場合)の場合もリボンをかけないのが通常です。


水引 【花結び】と【結切り】の違い

花結び
結び目が何度も結びなおせる。ということから何度も繰り返したいお祝いごとに使われるのがこの花結びの水引です。
具体的には出産祝い・出産内祝・お誕生日・還暦・ご挨拶など幅広く用いられるのがこのデザインです。
結切
固く結ばれてほどけないということからご結婚のお祝いに使われるのが、この結切りの水引です。
二度と繰り返さないようにとの思いから、快気祝いなどにも用いられます。
具体的には寿、ご結婚祝、快気祝、などでお選びいただけます。

熨斗の表書き 献辞と名前

熨斗紙(慶事)
熨斗紙(弔事)

【献辞】
【表書き】
御祝・内祝・志などの文言
【熨斗】贈答の際に贈り物に添えて用いられていた、白い和紙の上に赤の和紙を重ねて
折りたたんだものを簡素化したものです。
【水引】慶弔の儀式により、包んだ和紙をとめる紐として使われる。
その結び方によって意味を持つ。
【名前書き】贈り手の名前を書きます。苗字・名前のフルネームで書くのが正式とされてます。

■ お荷物の梱包について

Otoyaでは、熨斗やリボン、包装紙が破損することの無いよう、緩衝材(プチプチ)を使った丁寧な梱包で
お荷物をお届けいたします。
どのような形でお荷物がお届けされるかにつきまして、詳しくは「発送商品の梱包も丁寧に」をご覧ください。